地域暖房への投資は気候変動を軽減します

新しい地域暖房プロジェクトは、スウェーデンのギモにあるサンドビックコロマントの工場で、石油からバイオ燃料に変更する予定です。

サンドビックコロマントは、エネルギー会社ネオバと、スウェーデンのギモにおいてバイオ燃料ボイラーと燃料供給システムを建設する契約を結んでいます。この投資によって、住宅230戸の暖房に匹敵する二酸化炭素排出量を削減し、コストを大幅に削減します。

Joakim Fagerudd

「当社は、2012年以降、燃料石油使用量を約70%削減しました。この地域暖房を推進することで、ほぼゼロになるでしょう」と、サンドビックコロマントのマネージャーであるJoakim Fageruddは述べています。

詳しくは、グローバルウェブサイトをご覧ください