ヨーラン・ビヨルクマンはサンドビック マテリアルテクノロジーの社長に任命されました

ヨーラン・ビヨルクマンはサンドビックのビジネスエリアの一つであるマテリアルテクノロジーの社長に任命されました。 ビヨルクマンは同時にサンドビックグループ経営陣に加わります。 ビヨルクマンは、2017年11月1日付けでサンドビックを退職するぺトラ・エイナソンから同職を引き継ぎます。

ヨーラン・ビヨルクマン(51歳)は、1990年に入社後、材料技術分野で約20年勤続しています。現在は、サンドビックコロマントの製造担当の副社長及びサンドビックマシニングソリューションズの生産戦略副社長を兼任しています。

詳細はサンドビックグループウェブサイトのプレスリリースをご覧ください。