サンドビックは、イノベーションにおけるリーダーシップ強化に注力しています

Two operators at the Tampere center.

当社はフィンランドのタンペレの地にグローバル削岩機開発ンターを設立しました。新しいセンターは、地下及び地上現場での掘削に使用される削岩機の開発を推進します。

「削岩機イノベーションプログラムは、次世代の岩盤掘削ビジネスにおいて、サンドビックの技術的リーダーシップを確実なものとするでしょう。」と Bjorn Rosengren 社長兼最高責任者(CEO)は述べています。

この開発センターに、サンドビック全社の開発力を集結し、現在、そして未来の生産技術の革新をお客様と共に進めていきます。このイノベーションプログラムでは、研究、開発、及びエンジニアリングを革新的に変えることに重点を置いていきます。削岩技術は削岩機の心臓部であり、機械のパフォーマンスとオペレーションコストに大きな影響を与えるものです。